現役探偵の言いたい放題

現役で探偵やってます。 仕事とは言ってもおかしいと思う事。腹の立つ事。悲しい事。やりきれない事。たくさんあります。             ムカつくけど言えない事もある。だからここで毒を吐く! 心をクリアにして今日も調査です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検参考書で旺文社に警告

旺文社。

一流企業だ。

教育専門の出版社。
どの家庭にも、辞書の一冊くらいあるだろう。

そんな企業が、誇大広告。
嘆かわしい


旺文社(東京都新宿区)が、自社発行の英語検定試験の参考書に「合格者の80%以上が使っている」などの帯を付けて販売しているのは景品表示法違反(優良誤認)に当たる恐れがあるとして、公正取引委員会は2日、同社に警告した。
 公取委によると、警告対象となったのは「英検予想問題ドリル」など7シリーズ45種の書籍やCD。同社は2002年12月ごろから、店頭の商品に「英検合格者の80%以上が使っている」などとうたった帯を付けていたが、実際には合格者へのアンケートなどは行わず、公取委に数字の根拠を示せなかった。
 旺文社の英検関係書籍の08年度の売り上げは、約80万冊で総額約7億円に上り、英検関係書籍全体に占めるシェアは6割ほどとみられるという。

<記事引用>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090602-00000115-jij-soci


こんな一流企業ですら、こんなでっち上げの誇大広告をする。

なぜ、こんな誇大広告をするかわかるだろうか?


そう、それを鵜呑みにした消費者を「カモ」に出来るからだ。


探偵にも、同じような輩がいる。

「業界最大規模」
「トップクラスの調査力」
「実力NO.1」

何を根拠にそんな事を言っているのだろうか?

どこぞの探偵社と比較でもしたのか?

だけど我が社は、そんな輩と規模も調査力も比べた覚えは無いぞ。


「相談件数3万件」
「調査件数業界一」
「調査成功率100%」
「クレーム0件の実績」

クライアントさんが確認しようが無い事じゃないか!

これまた我が社は、調査件数や成功率を他の探偵社と比較した記憶も無い。

そもそも、そういったデータを申告する義務も無い。

唯一、これまでにあったのは、警察署へ調査票を提出した事だけだ。
しかし、東京都内にある探偵事務所だけのようだ。

記入するとは言っても、上記の件に関しては、
1年の大体の調査件数と、大体の苦情件数を該当数字に○するだけ。
警察も契約書の枚数数えるわけでもないし、苦情なんてそれこそ把握しようが無い。
ウソの件数を書こうと思えば、いくらだってかけてしまう。


大手企業ですら、こんなインチキな広告を平然と出すんだ。

競合激しい探偵業界で、それがナイいワケが無い!!

要は、何の根拠も無いものを、あたかも「誰かに認めてもらったかのように」書いているだけだ。

頼むから、探偵社の過剰広告なんかも取り締まって欲しいものだ。



依頼を考えている方!!
本質を見抜かなければ、浅ましい探偵社のカモにされるよ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

身辺調査

最近のニュースは、衆院選、覚せい剤で持ちきりだが。。。

私としては、MDMAの方が気になるな。
皆さん忘れちゃいないだろうか?人が1人死んでるんだ。
ま、死者からも薬物反応。死んだらチャラってのもねぇ。どうかと思うが。。。
もっと取り上げられてもいい気がするが・・・
報道出来ない「何か」があると思ってしまう。


あと数日で投票日。っつーことで、

私は、モーレツに支持している政党はないのだが、

まぁ、どの政党の演説を聞いていても、
そろいもそろって他党の批判ばかり。

自党のマニフェストだの何だのをもっと主張するべきじゃなかろうか?


そんな中、ちょっと気になった。

民主党は25日、衆院選の勝利を前提に、選挙後直ちに事実上の組閣作業に着手する方針を固めた。週明けにも首相と官房長官、財務、外務の主要閣僚らを内定し、このメンバーによる政権移行チームを発足させる。党幹部が明らかにした。ただ、連立政権参画が想定される社民、国民新両党などからは、民主党の先行した動きへの反発も予想される。一方、民主党は要職に起用する可能性のある議員らを対象に、カネや女性などに関するスキャンダルがないかどうかについて、「身体検査」(身辺調査)にも乗り出した。

中略

 一方、「身体検査」は、要職に就任する可能性のある約200人が対象となる。本人や秘書、家族らについて、(1)政治資金の収支報告などの「政治とカネ」問題や、特定企業、業界との不適切な関係がないか(2)違法ではなくても金銭トラブルや女性問題といったスキャンダルを抱えていないか-などをチェックする。

自民党政権では、党独自の調査に加え、各省庁などの情報網を活用し、実施してきた。しかし、民主党は現時点で野党で、公的機関の活用は難しい。

 党幹部やスタッフが新聞、週刊誌の記事や地元での評判をもとに基礎資料を作成中だ。

<記事引用>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000040-san-pol


要人だろうが公人だろうが、叩けばホコリが出る人はいる。

ってか、微塵も出ない人はいないんじゃない?


しかし、与党は、公的機関の情報を”活用”しちゃってたんですねぇ。

個人情報保護法を声高に訴え、そしてその法律を通過させた方々が、
おおっぴらに、その個人情報を調べている。。。

ま、国の重要な決め事をする国の代表なのだから当たり前だし、
怪しい人物じゃ困るから仕方がないとは思うが。

悪いことはできまへんなぁ。。。

ま、なんでしたら、素行調査のお手伝いしまっせぇ~~。




にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ
人気ブログランキングへ



「生活費困り、結婚詐欺」=無職女が供述・連続不審死

ここ最近、この事件の関連ニュースを目にしない日はない。

この「無職女」、やっと供述を始めたようだ。

すでに逮捕されているにも係わらず、なぜ実名報道も顔も出ないのか?
報道などから考えても、この女が犯人である事は紛れもない事実だと考えられる。

逮捕はしたが、物証が乏しく、不起訴になったときの事を考えてのことだろうか?
いや待て、すでに起訴されているな。

逮捕、起訴されているにも関わらず、実名報道されず顔も公開しない。

なんでだ??

供述を始めたならば、本人も認めたって事だ。
実名報道も時間の問題か?

ま、一部雑誌やネット上では実名が出ているが。。。

もし、このまま実名も顔も報道されなかったとしたら、
なんだかもやもやとした後味の悪さの残る事件だな。


人様の財産を狙い、その挙げ句命を奪っているのだ。
自分の欲望の為、身の丈にそぐわない贅沢の為にだ。

絶対に許されるものではない。


ひとそれぞれ「こんなヤツは嫌いだ」と言う部類の人間がいるだろう。
私は「詐欺」を働くヤツが嫌いだ。

確かに、騙される方にも「落ち度」があるかもしれない。

しかし「騙すヤツ」は、最初から「騙す気」で接触してくる。
その腐りきった心根が許せない。

バカヤロー。
贅沢したけりゃ、テメーで働け。
自分の稼いだ金で贅沢する分にゃ、誰も文句は言わん。


にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ
人気ブログランキングへ




「生活費困り、結婚詐欺」=会員制サイトで資金源物色-無職女が供述・連続不審死

結婚詐欺の疑いで逮捕された無職の女(34)の知人男性が相次ぎ不審死した事件で、女が埼玉県警捜査1課の調べに対し、「生活費に困って結婚詐欺をやった」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。
 女は派手な生活を続ける一方、会員制「結婚サイト」を介して20人を超える男性に接触し、金品を要求。県警は、結婚サイトを物色し、資金源として利用できそうな男性に近づいていたとみて捜査している。
 県警によると、女は静岡と長野両県の男性2人から計約320万円を詐取したとして既に逮捕、起訴。埼玉、長野両県に住む別の2人からも計210万円をだまし取ろうとした詐欺未遂の疑いで再逮捕されている。
 捜査関係者によると、女は起訴内容などを認めた上で「クレジットカードの支払いにも困っていた」と供述。高級外車を次々と買い替えたり、高級マンションに住んだりと、華麗な生活ぶりを自身のブログで公開していたが、長年定職に就いたことがなかった。
 一方で、結婚サイトでは「学生」や「ヘルパー」などと称して男性にメール。県警が複数の男性に事情を聴いたところ、メールだけで一度も会ったことがない男性もいたが、「学費を援助してほしい」などと要求され、指定口座に振り込むと突然電話やメールで別れを告げられたケースもあったという。 

<記事引用>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091101-00000031-jij-soci

 | HOME |  »

探偵社を報告する

その依頼!ちょっと待った

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:当ブログの「探偵社報告フォーム」および「こんな見積もりだったよ」に寄せられた投稿を公開します。

 自信がある クレームゼロ 
 失敗ゼロ  業界NO.1
 相談件数ウン万件
 取られたお金は取り返せる
 絶対に復縁できる

こんな言葉に魅力を感じますか?

探偵業界は誇大広告で溢れています。

テレビで有名な探偵社の真の実力は?
低料金を謳う探偵社は本当に安い?
本当に優秀な探偵社はどこ?

やっぱり探偵社の評判は、気になりますよね。

依頼をした理由は?
依頼をしなかった理由は?
良い探偵社だったのか?
悪い探偵社だったのか?
実際に探偵社を利用された方のご意見は必見です。

実際に探偵に調査を依頼した方や、
実際に見積もりをした方からいただいた生の声は貴重です。

この記事に記された事はすべてが真実

プロとしてプライドを持ち、
誠実な調査をしているなら、
悪徳と言われるはずが無いのです

さらなる被害者を出さない為に、
有益な情報をご提供いたします。

大切なお金を無駄にしたくない方だけ読んでください。

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ

依頼殺到!優良探偵社 実名リスト (2)
悪徳探偵社の実態を実名公開 (10)
調査料金見積もり実例集 (4)
行政処分探偵業者 (28)
日記 (12)
悪徳探偵 (6)
こんな人は依頼で失敗します (3)
非クライアント (12)
気になるニュース (16)
探偵がらみの事件簿 (3)
依頼人の失敗談 (1)
探偵用語 (7)
野放し状態の詐欺業者 (2)
廃業してほしい会社 (0)
記事を削除しろ!! (2)

最新記事

プロフィール

辛口探偵

Author:辛口探偵
探偵業法はあるけれど
法では縛れない部分がたくさんある。

未だ、悪質な探偵社は野放し状態。
そして騙されるクライアントがいる。

すでに人の道を外れた悪徳探偵らを改善させるのは私一人では無理。
それなら騙されない為に悪徳探偵の情報を公開しよう。
あなたには知る権利がある!

探偵業界の調査レベルの底上げと
調査料金の適正化を目指し!
私は一人戦います。

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

FC2プロフ

最新コメント

最新トラックバック

探偵新着記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。