現役探偵の言いたい放題

現役で探偵やってます。 仕事とは言ってもおかしいと思う事。腹の立つ事。悲しい事。やりきれない事。たくさんあります。             ムカつくけど言えない事もある。だからここで毒を吐く! 心をクリアにして今日も調査です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己中はお断り

とある土曜日の夜中の3時過ぎに電話が鳴った

「明日、彼を調べてほしいんです」
「明日ですか?つまり日曜日に調査をしたいのですか?」と聞いた
「はい、日曜日の夕方からです」

夜中の電話はいたずらも多い。
もちろん、悩んで悩んで悩んだ末に、夫が寝た後、子供が寝た後、夫が帰ってこなくて寝られなくて。。。などと言う方もいる。だから一概には言えないのだが・・・データで見るとやはりいたずら率は高い。
なので、やや慎重に話を聞くと、ちょっと精神的に参っている感じはする。

日曜日の夕方から、地方都市でライブがあるとの事。
彼氏は、個性的な活動をするミュージシャンを応援しプロデュースしていると言う。
そのミュージシャンのメンバーと怪しいと言うのだ。

調査料金の事も伝え、調査のリスクも説明した。

どちらかと言うと厄介なタイプのクライアントだなぁと、話しながら感じる。

何が厄介かと言うと
我々がリスクを話すと、自分の考えを主張し、絶対に譲ろうとしない。
話してもかみ合わないし、わかってくれないのだ


なんとか「リスク」がある事をわかってもらいたくて、
人の行動は常に同じとは限らないもの。
やってみないとわからない事がたくさんある。と説明するが


「それは、プロなんだからなんとかしてください」という始末。

もう断りたいな
と思い「他の探偵社さんにも聞いてみてください」と言ってみたが、失敗
他に聞くつもりはないらしい。


クライアントの言い分としては、
コンサートが終わってから、打ち上げに行く。
打ち上げが終わってから、他の参加者を撒いて、怪しいと思っている女性と会うだろう。

翌日はまた別の場所でコンサートがあり、そこへ行く為の最終電車に一人で乗るか、二人で乗るか
最終電車に乗らなければホテルに泊まる。
だが、他の人に怪しまれないように、一度部屋に入ってから女性の部屋に行くはずだからそれを確認してほしい。
と言う。

最初の問題点・・・コンサート会場の出
主催者や関係者なので「搬入口」を利用することが出来る、そこから出る可能性もある。

クライアントの主張
大したタレントじゃないし、絶対に正面からしか出ない。


2つめの問題点・・・宿泊した時
ホテルは微妙だ。
部屋の確認は、運が良ければ出来るだろう。これは、やってみなけりゃわからない。
運よく部屋の確認が出来た場合でも、いつ部屋から出てくるかわからないし、そもそも出てこないかもしれない。
ホテルの規模にもよるが、廊下やエレベーターホールにいられる時間は限られる。

クライアントの主張
部屋番号は、プロなんだからやり方があるんじゃないんですか?その辺の事情は私にはわかりません。
部屋に入っても、彼はせっかちだからすぐに出てくる。
いられるもいられないもプロなんだからなんとかしてほしい



勘弁してくれ。
やれるだけの事はやるが、無理な事はあるんだよ



「お願いするにはどうしたらいいいですか?」とクライアントが言う

まったく乗り気がしないのだが・・・
「日程が詰まっていますので、明日、いや今日ですね、日中お会いできますか?」と言った。

「会うんですか?それは難しいです。忙しくて」

チッ。こう言う言い訳をするヤツってキライだ。

「じゃ、FAXでもいいですよ。」
「それなら大丈夫です」
「我々も予定を組んで調査をしています。ご契約書を交わさなければ調査枠を確保できません。すぐにご返送いただけますか?」

「あの、でも、会ってお話を聞いていただく事は出来るんですよね?」
「話を聞いてもらって、やっぱり断ったりしてもいいですか?」


「○○さん、もう日程が近いでしょう?日曜日に調査をするなら、明日の夕方までには調査の日程を入れなければいけないんですよ。我々にも調査の段取りがあるので。だから、直近の調査では、ご契約をすると言う前提ならお会いできますが、会って考えると言う前提ではお会いできません。わかってもらえますか?」
「それに、明日の日中は忙しいのですよね?夜にお会いしてももう調査をお受け出来ませんよ」

「ああ、言いたい事はわかります。じゃぁ一番遅くて何時までに送ればいいですか?」
「そうですね、ギリギリ待ててお昼までになります」
「えぇ、お昼ですかそれは無理です。私もゆっくり考えたいので。もう少し待ってください」

どこまで自己中なんだ?かなり、イラッとしたが
「では、最終で午後2時までお待ちします。それ以前に気持ちが決まって、その旨電話をいただければ、FAXは夜でもいいですよ」

我々探偵社は、どんな状況であれ、契約書を交わさなければ動けない。
これは、探偵業法で決まっていることだ。
まぁ、実際には契約書を交わさずに依頼をうけているヤツらもいるようだが。。。
そんなのはそのうち消えていくだろう。


「えっと私も今、精神的に追い詰められていて、なんて言うかゆっくり考えたいんです」
「お気持ちはわかりますよ。ただあまりにも日程が詰まっているので、やるならやるで調査枠を確保しなければいけないんです。調査員の翌日の出勤時間などにも関わって来るので、わかってもらえますか?」

「はぁ、でも・・・・」
「わかりました。じゃ、やると決まったら電話ください。そうしたら契約書類をFAXします」
「やるかやらないか定まらない状況では契約書類は送れません」

こんな優柔不断なタイプは、結局やらない事が多い。
そして、数ヶ月後や1年後位にまた電話してきて、あの時やっとけばよかったといって、やっぱり結局やらないタイプ。
だから、内心「よし!」と思った。

が、突き放すとすがるタイプか、

「えっと、とりあえずやりたい気持ちはあるんです」

しつこいな・・・
「わかりました。じゃぁ明日午後2時まではお待ちしますので、連絡ください」

「わかりました」

あぁ、疲れた。時計を見たら4時。
いい加減、眠いわ


悪徳探偵で失敗した方はこちら

探偵依頼で成功した方はこちら



結局やらないタイプだからと、翌日はすっかり忘れていたら、午後2時直前に電話がきた。

「あの、お願いしたいんです」

「わかりました。では契約書類をFAXしておきますので、後で送ってくださいね」

「それと今、調査の詳細を打ち合わせできますか?」
「コンサート会場にはいくつかホールがあるみたいですが、どのホールかわかりますか?」
「ターゲットについてももう少し詳しく教えて貰えますか?」

すると何を言い出すのかと思ったら
「え?調べてくれてないんですか」


はぁ?

何を?

なにゆえに?


「依頼の意思表示をされていないのに、我々は勝手に情報は集めないですよ」


「え~~、そうなんですか??」

当たり前だろって。。。

調査するかどうかもわからんのに、なんで調べにゃいかんのよ?
ヒマじゃないんだよ我々は。

「あのね○○さん、昨夜、資料をメールしておきますってご自分で言っていたでしょ?でも送ってくれていませんよね。あなたに依頼する意思がないという判断になりますよね」


「言いたい事はわかります。でも私は、やるって言ったのに...」

オイオイ、いい加減にせーよ。
ほんとに人の話聞いていないんだな。。。
いつそんな事言ってた?

「○○さん、申し訳ないけど他に頼んで。あなたのこと信用できない」とハッキリ言った。

やっぱり、突き放したらすがってきた。


「え、待ってください。やりたいんです。契約書送ってください」

「あ!すぐ電話かけなおします」


ガチャ


その後音沙汰無し


嫌がらせかい。。。?

なんなのさ?



↓ ↓ 参加中です ポチポチして~~ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ 人気ブログランキングへ 



関連記事
スポンサーサイト

 | HOME | 

探偵社を報告する

その依頼!ちょっと待った

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:当ブログの「探偵社報告フォーム」および「こんな見積もりだったよ」に寄せられた投稿を公開します。

 自信がある クレームゼロ 
 失敗ゼロ  業界NO.1
 相談件数ウン万件
 取られたお金は取り返せる
 絶対に復縁できる

こんな言葉に魅力を感じますか?

探偵業界は誇大広告で溢れています。

テレビで有名な探偵社の真の実力は?
低料金を謳う探偵社は本当に安い?
本当に優秀な探偵社はどこ?

やっぱり探偵社の評判は、気になりますよね。

依頼をした理由は?
依頼をしなかった理由は?
良い探偵社だったのか?
悪い探偵社だったのか?
実際に探偵社を利用された方のご意見は必見です。

実際に探偵に調査を依頼した方や、
実際に見積もりをした方からいただいた生の声は貴重です。

この記事に記された事はすべてが真実

プロとしてプライドを持ち、
誠実な調査をしているなら、
悪徳と言われるはずが無いのです

さらなる被害者を出さない為に、
有益な情報をご提供いたします。

大切なお金を無駄にしたくない方だけ読んでください。

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ

依頼殺到!優良探偵社 実名リスト (2)
悪徳探偵社の実態を実名公開 (10)
調査料金見積もり実例集 (4)
行政処分探偵業者 (32)
日記 (12)
悪徳探偵 (6)
こんな人は依頼で失敗します (3)
非クライアント (12)
気になるニュース (16)
探偵がらみの事件簿 (3)
依頼人の失敗談 (2)
探偵用語 (7)
野放し状態の詐欺業者 (2)
廃業してほしい会社 (0)
記事を削除しろ!! (2)

最新記事

プロフィール

辛口探偵

Author:辛口探偵
探偵業法はあるけれど
法では縛れない部分がたくさんある。

未だ、悪質な探偵社は野放し状態。
そして騙されるクライアントがいる。

すでに人の道を外れた悪徳探偵らを改善させるのは私一人では無理。
それなら騙されない為に悪徳探偵の情報を公開しよう。
あなたには知る権利がある!

探偵業界の調査レベルの底上げと
調査料金の適正化を目指し!
私は一人戦います。

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキングへ

FC2プロフ

最新コメント

最新トラックバック

探偵新着記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。