現役探偵の言いたい放題

現役で探偵やってます。 仕事とは言ってもおかしいと思う事。腹の立つ事。悲しい事。やりきれない事。たくさんあります。             ムカつくけど言えない事もある。だからここで毒を吐く! 心をクリアにして今日も調査です!

金なんかいらんわ!

どちらかと言うと、比較的温厚な我が社の相談員。
そんな相談員ですら、さすがにキレそうになる事がある。
もちろん、理性で押さえるが・・・

そして「お金なんかいらない」と言う。


それはどんな時か・・・


我が社は、探偵社の中では非常に珍しく、調査中もクライアントと連絡を取り合いながら調査を進めて行く。

コレについて、当たり前だと思ったら大間違いだ。
ほとんどの探偵社は、調査中の連絡はしてこない。
もちろん面談時には「連絡します」「こまめに相談します」とヘラヘラ笑いながら言う。
しかし、実際の調査日になったら、音沙汰は全くない。


話を元に戻そう。

結婚を前提に付き合っている彼女の素行調査を依頼されたクライアントO氏。
O氏と会っていない日、彼女が何をしているか知りたいと言う。
同じ職場に勤める彼女だが、O氏は同僚男性との浮気を疑っていた。

このO氏は、前日の夕方に「明日の日曜日に調査してもらえるか?」と電話をしてきた。

基本的には、直近の依頼はお断りするようにはしているのだが、下見調査をせずに調査本番をする事にリスクがある事も伝えご納得いただいたので、お受けすることとなった。

面談は夜8時。

調査開始は朝7時。
我が社では、調査員は、調査開始の30分前までには現場に到着するように教育している。
従って調査員は遅くとも朝5時頃には出発しなければならない。

大至急調査員の配置を変更するなどし、対応した。


朝7時、調査開始。
閑静な古い住宅街だが、車両を止めておけそうな場所は確保できたと、調査員より連絡が入る。
しかし、住宅街という立地から、いつ通報されたり警戒されるかはまったくの未知である。

午前10時過ぎに、母親が外出。
午前12時ころに、兄らしき男性が外出。

それ以降は、調査対象者を含め出入りは全く無い。

定期的に自宅の確認に行き、その際、父親の姿を確認するが調査対象者は確認できない。

定時連絡を入れた際、O氏がこう言った。。
「自宅に電話をして、いるかいないか確認してもらえませんか?」
「結婚相談所のフリをしてかけてください。」
「もし彼女が留守だったら、何時頃帰るのか聞いてください。」
「実際に住んでいるのかどうか聞いてください」

まぁ、こんな勝手な事をいうクライアントは結構多い。
だが、このご時世、本当の事を言ってくれない市民は多い。
そこで、我が社の相談員が「それは構いませんが、本当の事を言ってくれるかどうかはわかりませんよ」と伝える。

O氏「大丈夫です。」

って、何が大丈夫なのか・・・?

とりあえず電話する。
「彼女は外出中。帰宅は遅くなるだろう。」との回答だが、どこまで本当だかは、わからない。。

夜8時を回り、自宅室内に父親の姿は確認できるが、彼女の姿は確認できない。


すると、夜10時少し前に、最寄り駅方向より女性が歩いてくるのが確認できた。

古い住宅街の為街灯はあるが全く役にたたない。
O氏から顔写真を受け取ってはいたものの、そんな街灯の明かりでは顔すら確認できない。

しかし、我が社の調査員、そこは長年のカンが効く。
「あ、これがおそらく対象者だ!」とピンと来たらしい。
自宅へ入る映像を撮影するため、ベストポジションへ移動しカメラを構えると、その女性は帰宅。
ドンピシャで、調査対象者だ。

調査開始からこの時まで、同じ服装の女性は見なかったので、調査開始前にすでに出ていたのだ。


O氏に連絡し、つい先ほど帰宅したと伝えると。
「どんな服装でしたか?」
「誰かに車で送ってもらった気配はなかったですか?」
「駅の近くで降ろしてもらったのではないですか?」
「これってやっぱり怪しいですよね?」
と、ものすごい質問の数だ。

そりゃぁ、答えられる事は答える。

しかし、あの暗さでは「黒系」と言う事は判ったが、正確なバッグの色までは判らない。
駅方向から歩いてきた事に間違いは無いが、電車を使ったのか?駅まで誰かに送ってもらったのか?駅から自宅までは徒歩10分程だが、自宅付近で張り込んでいたのだ、そこまでは判らない。

自宅付近で張り込んでいた事は重々判っているはずなのに、そう言った質問をしてくる。


そして、極めつけ。

この調査の前、O氏は、浮気を疑っている同僚と出張に行っていたそうだ。
そこで同僚が、手提げ袋に入った「蕎麦」をお土産に購入してたらしい。

「蕎麦を持っていませんでしたか?」

相談員もそこまでは聞いていなかったので、
調査員に確認して折り返し電話をすると伝え、一旦電話を切った。

そしてもう一度調査員に対象者の様子を確認してもらった。
つまり、調査のビデオを確認してもらったのだ。

やはり、小さめのショルダーバック1つだけ。手には何も持っていないとの事だった。

その事をO氏に伝えたら、

あろうことかO氏はこう言い放った


「本当に確認してくれたんですか?」




・・・・・。はい?

あのね、いい加減にしてもらえるかな?

なぜ、真面目にやってる我々を疑う?

あんたが勝手に「お土産の蕎麦は彼女にあげる為」と思い込んでいるだけだろう?



さすがにキレるぜ。


ありもしない事を「ある」とは言えない。
逆に、あった事を「無い」と言えるワケがないのだ。


さすがに、カッチーーーーーン!!と来た。
フツフツと煮えたぎり始めた「怒り」を理性で抑えながら
「Oさん、それはどう言う事です?僕らは一生懸命真面目に調査して、その結果を正直に伝えているんですよ」
「今だって、調査員に確認してもらわなければ判らなかったから、一度電話を切って折り返しかけたんですよ」
「それで、その結果を疑うわけですか?」
「僕らは、Oさんの為に精一杯の調査をして、正直に伝えているのに?疑うんですか?」


我が社は、サボる事も手を抜く事も一切無い。
何一つ後ろめたい事は無い。
なぜなら、それが、プロとしてのプライドだからだ。

だから、それを疑われる事が一番嫌いだ。

疑われてまで、お金をいただこうと思わない。

むしろ、そんな金はいらない。



確かに、探偵業界には、遅刻、中抜け、早引き、居眠り、ひどい場合は調査自体をすっぽかすなど、平気で手を抜くプロ意識のかけらも無い連中も多い。
こいつらは、どいつもこいつも先払いで金を受け取っている。
先に金を受け取っているから、適当にやろうが関係ないのだ。

我が社が後払いで調査を受けているのは、そんなレベルの低い連中とは一緒にしてほしくないからだ。


だから、言ってやるのだ
「そんな風に仰るなら、今回の件は無かった事にしましょう」


Oさんよ、キミの為に調査員は15時間ずーーーーーーーーっと張り込んでたのよ。
近所の住民に車を覗きこまれようが、子供が車にボールをぶつけようが、知らぬ存ぜぬを決め込み
エンジンかけられないから、夜になったらホカロン張って寒さに耐え、トイレも我慢して張り込んでたのよ。
やっと口にした食事も、視線は常に自宅から外さず、味わうどころじゃないのよ。
Oさんの為にと、調査員は明け方から準備してさぁ。。。

なんでそんな風に言われなきゃならないのさ。
そんなヤツに、金を払って欲しいとは思わない。

そんな金、いらん!!


↓ ↓ 参加中です ポチポチして~~ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ 人気ブログランキングへ 



悪徳探偵で失敗した方はこちら

探偵依頼で成功した方はこちら
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zubariiwasero.blog.fc2.com/tb.php/60-1c70f748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

探偵社を報告する

その依頼!ちょっと待った

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:当ブログの「探偵社報告フォーム」および「こんな見積もりだったよ」に寄せられた投稿を公開します。

 自信がある クレームゼロ 
 失敗ゼロ  業界NO.1
 相談件数ウン万件
 取られたお金は取り返せる
 絶対に復縁できる

こんな言葉に魅力を感じますか?

探偵業界は誇大広告で溢れています。

テレビで有名な探偵社の真の実力は?
低料金を謳う探偵社は本当に安い?
本当に優秀な探偵社はどこ?

やっぱり探偵社の評判は、気になりますよね。

依頼をした理由は?
依頼をしなかった理由は?
良い探偵社だったのか?
悪い探偵社だったのか?
実際に探偵社を利用された方のご意見は必見です。

実際に探偵に調査を依頼した方や、
実際に見積もりをした方からいただいた生の声は貴重です。

この記事に記された事はすべてが真実

プロとしてプライドを持ち、
誠実な調査をしているなら、
悪徳と言われるはずが無いのです

さらなる被害者を出さない為に、
有益な情報をご提供いたします。

大切なお金を無駄にしたくない方だけ読んでください。

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ

依頼殺到!優良探偵社 実名リスト (2)
悪徳探偵社の実態を実名公開 (10)
調査料金見積もり実例集 (4)
行政処分探偵業者 (32)
日記 (12)
悪徳探偵 (6)
こんな人は依頼で失敗します (3)
非クライアント (12)
気になるニュース (16)
探偵がらみの事件簿 (3)
依頼人の失敗談 (2)
探偵用語 (7)
野放し状態の詐欺業者 (2)
廃業してほしい会社 (0)
記事を削除しろ!! (2)

最新記事

プロフィール

辛口探偵

Author:辛口探偵
探偵業法はあるけれど
法では縛れない部分がたくさんある。

未だ、悪質な探偵社は野放し状態。
そして騙されるクライアントがいる。

すでに人の道を外れた悪徳探偵らを改善させるのは私一人では無理。
それなら騙されない為に悪徳探偵の情報を公開しよう。
あなたには知る権利がある!

探偵業界の調査レベルの底上げと
調査料金の適正化を目指し!
私は一人戦います。

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキングへ

FC2プロフ

最新コメント

最新トラックバック

探偵新着記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード